ソープランド(関西編)

滋賀・雄琴

滋賀県大津市にある人気の温泉街である雄琴温泉(おごとおんせん)には「雄琴エリア」として有名なソープランド街があります。歴史の浅いソープランド街ではありますが、福原と共に関西を代表する人気ソープランド街として定着しています。京都まで車・電車で約20分ほどの距離にあるため、京都観光で訪れた人たちからも人気の風俗街になっています。

JR湖西線「比叡山坂本駅」もしくは「おごと温泉駅」が最寄り駅になりタクシーで5分ほどでソープランド街に到着します。雄琴には約30軒ほどのソープランドがあり、大衆店から高級店まで幅広いお店から選ぶことができます。ソープ嬢のレベルが非常に高いことから風俗ファンの間では人気があるエリアで、関西を訪れたら雄琴のソープランドに行くという男性客が多いため、人気のお店やソープ嬢と遊びたければ予約が必須になります。

兵庫・福原/新開地

福原の風俗

関西地方最大のソープランドが兵庫県神戸市の三宮駅から電車で10分ほどの場所にある「福原・新開地」です。福原はかつて福原遊郭として栄えた歴史ある遊郭として、東の吉原に対して西の福原と呼ばれることもあります。関西最大の風俗街である大阪にはソープランドがないため、滋賀・雄琴と兵庫・福原のみが関西のソープランド街になっています。そのため、京都観光の人なら雄琴に行き、大阪、神戸、姫路などの関西の西側の観光なら福原に行く人が多いようです。

福原・新開地は、阪急・阪神「新開地駅」、「高速神戸駅」そして地下鉄「湊川公園駅」の間の数ブロック一帯にソープランドが密集しています。それぞれ駅から徒歩で5分ほどの距離にあり、三宮駅からなら電車で10分ほどで行くことができます。JRを利用するなら神戸駅からも徒歩で行くことも可能です。雄琴はアクセスがとても悪いため、アクセスの良い福原のソープランドを選択する人も多いようです。

福原・新開地には50軒以上のソープランドがありますが、大衆店(格安店)が多いのが特徴です。5万円以上からといった高級店もあり、最高級のソープ嬢を体験したければお金をケチらずに高級店を選ぶのがポイントです。